【顎の痛み.com】〜動物の顎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
agonoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは動物の顎について、詳しく説明しています。

顎は色々な動物にある器官です。そのほとんどが他の生物を捕食する為に存在し、噛む・捕える・引きちぎる・噛み砕く・呑み込むといった役割を持っています。人間を含む哺乳類においては咀嚼するという、呑み込むのに最も重要な器官でもあります。

動物の顎と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、私はワニです。ワニは動物の中でも、体に対する顎の力が強いことで有名です。他にも顎が強い動物は沢山居ますが、ワニのそれは別格とも言えるほど強靭な顎力を誇ります。人間の噛む力がおよそ50sに対し、ワニは1500sとおよそ30倍もの力で噛むことが出来るのです。中でもイリエワニは凶暴で、水中で丸太のようにじっとして獲物を待ち、近付くと何であろうとも構わず襲いかかります。気性が非常に荒いこともあり、人食いワニとして恐れられています。
かつて地球上に君臨していた今では絶滅した恐竜も、顎の力が非常に発達した生物でした。化石として残っている骨を組み合わせて計測されたものでは、ティラノサウルスでおよそ5000sもの力があったとされています。恐ろしいほどの顎力ですね。


⇒ 顎の構造


sponsored link



copyright©2013  【顎の痛み.com】〜顎が痛い時の原因と治し方〜  All Rights Reserved